耳鼻咽喉科ほりクリニック

禁煙外来

禁煙

いざ禁煙に取り組もうと思っても、なかなか上手くいかない方も多いのではないでしょうか?
禁煙外来は、健康保険を使って禁煙治療を行うことができます。
喫煙は肺がんをはじめ、様々な疾患を引き起こす原因になっています。
当院はひとりではなかなか上手くいかない禁煙を、確実に成功させるために患者さんをサポートしていきます。

【禁煙の効果】

禁煙

◎ニコチン依存症について

ニコチン依存症とは、やめたくてもやめられない喫煙習慣のことをいい、治療が必要な病気とされています。
まずは次の「ニコチン依存症判定テスト」で、ニコチン依存症かどうかをチェックしてみましょう。

【ニコチン依存症判定テスト】

禁煙

◎禁煙治療法

現在治療法には2種類あります。
経口剤「チャンピックス」または貼り薬「ニコチネルTTS」を服用します。

チャンピックスはニコチンを含まない薬を飲んで禁煙する方法です。
最初の一週間は喫煙してもよく(もちろん少量にはすべきですが)、禁煙開始後も薬を服用することで、吸いたい気持ちが抑えられ無理なく禁煙ができます。
禁煙治療アプリを使ってさらに効率的で質の高い禁煙治療を可能することができます。
ボタン薬
→詳しくはこちら

ニコチネルは、禁煙開始日から皮膚に貼ってニコチンを摂取し(ニコチン置換法)、その量を徐々に減らす方法です。

「禁煙してみよう」とお考えの方は、これを機に是非禁煙に挑戦してみてください。

◎禁煙治療の費用(健康保険適用の場合)

薬

禁煙治療にかかる費用(自己負担分3割として)は、処方される薬にもよりますが
12週間(診察・計5回)の合計で約13,000~19,000円(目安)です。
金額には禁煙外来の診察代・処方箋代・処方薬代が含まれています。

◎治療の流れ

健康保険等を使った禁煙治療では、12週間で5回の診察を受けます。
はじめに喫煙状況などから健康保険等で治療が受けられるかをチェックします。
治療をはじめる場合は薬の特徴と使い方の説明をし、患者さんに合った薬を選び、禁煙開始日を患者さんと相談しながら決定します。

毎回の診察で禁煙補助薬の処方を受けるほか、息に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度を測定(呼気一酸化炭素濃度測定)し、ニコチン切れ症状の対処法など、禁煙状況に応じて患者さんに合ったアドバイスいたします。

<ニコチネルTTSの場合>

stopsmokingflow2

<チャンピックスの場合>

stopsmokingflow1

<医師が処方する新しい治療法の禁煙治療アプリR ©>

stopsmoking_appli

◆禁煙治療アプリ©とは?
禁煙治療にはこれまで医師が処方する医薬品として飲み薬や貼り薬がありましたが、最新の治療法としてニコチン依存症治療アプリのCureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカーが追加されました。

◆どういう仕組み?
一般的にスマートフォンで利用されているヘルスケアアプリとは異なり、禁煙外来で医師の診断のもと処方され、患者さんにご使用いただく医療機器です。常に患者さんの側にあるスマートフォンの特性をいかし、在宅や勤務中など医療者の介入が難しい「治療空白」期間をアプリが支援することで、禁煙継続率が向上します。また、アプリへの入力内容から前回の診察以降の患者さんの日常の様子を医師が詳細に把握することできるため、より効率的で質の高い禁煙治療を可能にします。

stopsmoking_appli

◆どうすれば使えるの?
医師の診察を受けた際に治療法として「チャンピックス」を選択した方が対象となります。
受診の際に、患者さん自身のスマートフォンに患者アプリをインストールし初期設定を行います。
後日、COチェッカーがご指定のお届け先住所へ届きますので、同封されている取り扱い説明書に従い、利用を開始します。

◆値段はどれくらい?
治療アプリR©は保険適応のため、治療費用はご自身の負担割合に応じてご負担いただきます。CureApp SCを含めた禁煙治療は診察などを含めて3割負担の場合、27,000円ほどとなります。タバコを1日1箱の喫煙を続ける場合にかかる費用は年間15万円ほどになり、さらに毎年継続的に費用がかかることを考えると経済的メリットは大きいです。是非当院で治療アプリR?を活用した禁煙治療を頑張っていきましょう!