耳鼻咽喉科ほりクリニック

耳の症状

耳の症状は検査を伴うことが多くあります。
予約せずに来院された場合、1回の受診で必要な検査が終わらないなどの場合があります。
患者さんひとりひとりに十分な診察のお時間を確保するため、必ず予約をお願いします。

 

当てはまる症状はどれですか?

  • ボタン
  • ボタン

耳の構造

【耳が痛い場合】

耳が痛い場合は「急性中耳炎」「耳管炎」」「滲出性中耳炎の急性の悪化」が疑われます。
時に、急性耳下腺炎、急性扁桃炎、耳管開放症、帯状疱疹などでも耳痛として訴える場合があります。

《外耳(道)炎》

耳の入口のトンネルである外耳道に生じる炎症です。
日ごろから耳かきを頻回にする癖や、習慣を待っている方が多く、耳かきなどで掻きこわして、そこから菌が侵入し感染して生じます。
耳を圧迫すると痛みが強まります。

外耳炎

《治療》

多くの場合、抗生剤による治療が必要です。
繊細な耳の皮膚には、できるだけ触らないことが第一です。
当院では、耳垢は医療機関でとることを勧めており、 かゆい時だけステロイドの軟膏を塗布することが推奨しています。

《急性中耳炎》

中耳は、耳管を通じて鼻腔や咽頭につながっています。

感冒では、ヴィルス感染で生じた炎症が、耳管を介し鼻腔から中耳へと進展します。
耳管炎に伴って進行すると、中耳内に炎症がおき、 中耳内圧が高まり鼓膜や耳小骨の炎症で痛みを自覚します。
さらに進行すると、中耳圧で鼓膜の一部に穿孔が生じて耳漏を生じます。
この時点で、急に痛みが軽減します。
細菌感染へと発展する場合も多くありますが、同様の経緯です。 いずれにしても、ほとんどが自然に治癒していきます。

中耳炎

《治療》

当院では、抗生剤の投与は慎重に判断します。
また、鼓膜切開も必要性を十分検討したうえで、限られた例に行っています。
様々な工夫で鼓膜チューブ置換術(鼓膜に切開を入れ小さなチューブを留置する方法)は 避けられることが多いです。
特に繰り返す例では、食養アドバイスや、鼻すすり癖をなくし、鼻のかみ方指導も重視しています。鼻のかみ方を上手になるだけで、改善する例も少なくないのです。
また、鼻うがいを併用することで改善が助けられます。

《滲出中耳炎(しんしゅつちゅうじえん)》

子供が何となく、声掛けに反応しない。声が大きいなどで気づかれることも多いです。
急に悪化して耳が痛くなって発見されることもあります。
多くの場合、急性中耳炎の治癒遷延で生じます。
副鼻腔炎が長期継続して、鼻すすり癖のある場合に生じることも多いです。

《治療》

一般には、抗生剤の長期投与・頻回の切開・チューブ挿入術・抗生剤の少量持続投与が行われます。当院ではやむを得ない場合を除き、できれば手術的な治療をできる限り回避したいと考えています。

顕微鏡による鼓膜所見の慎重な観察のもとで、漢方や食養指導、体質改善を目指し、 運動療法を継続して良い結果に至る場合もあります。

滲出中耳炎

【耳がかゆい場合】

普段から耳がかゆくてつらい場合は「外耳湿疹」が疑われます。
ある時期にだけかゆくなる場合、アレルギー性の反応のひとつが考えられます。
また、普段から耳かき癖のある方に多くみられます。

《治療》

消毒液(オキシフル)で消毒後に、ステロイドの軟膏を塗っていただきます。
アレルギーが原因と疑われる場合は、アレルギーを調べてその治療をすることも大切です。
アレルギーの治療については、花粉症・アレルギー性鼻炎のページ をご参照ください。

外耳道の皮膚は、とても薄く敏感です。
皮膚をいじればいじるほど皮膚を痛め、慢性の湿疹状態になってしまいます。
大切なことは、耳の皮膚を触らないようにすることです。
また甘いものを食べる習慣も、痒みの悪化要因になります。

甘いもの

【聞こえない・聞こえにくい場合】

高齢者の方で、次第に聞こえにくくなってきた場合は、老人性難聴が疑われます。
成人では、急に聞こえにくくなった、または聞こえなくなった場合は 「耳垢塞栓」「突発性難聴などの急性難聴」「低音障害性感音難聴」「蝸牛型メニエール病」 見落とされやすい疾患として 「耳管開放症」などが考えられます。

→耳管開放症について

小学校低学年では、心因性難聴(ストレスなどで聞こえにくくなる)が考えられ、 乳幼児では滲出性中耳炎が多いです。

《突発性難聴》

急に起こる難聴や耳鳴りで発症します。めまいを伴うことも多いです。
1日も速く治療を開始することが,何より重要です。

突発性難聴

《治療》

治療の中心は、ステロイドホルモン剤の内服です。
ただし、背景に肩こりや慢性疲労などの全身的背景を持つ例も多く、 当院では、操体を併用する場合もあります。
発症の背景に慢性疲労などに加えて、食事の因子が重要だと考えています。
疲労時に、消化に負担のかかる食事をとることが影響している可能性があり、 こうした点から、ライフスタイル全般への配慮が必要と考えています。

《老人性難聴》

高齢者に特有の高音部の聴力障害が多いですが、その障害のパターンも多彩です。
加齢による変化は、高音部に始まります。
従ってテレビの音が聞こえにくく、音量が高くなり、周囲の人にうるさがられます。
聞き返しも多くなります。
特に高度な一部の例では、障害認定がおりることで補聴器購入の支援が出ます。
ただし、一番安価な耳かけ型が中心となります。
通常は当院の補聴器外来で、相談、貸し出しの手順を経て購入となります。
さらに、その後の訓練とフォローが大変重要です。

→補聴器について

◎診断の為の主な検査 ①標準純音聴力検査    1,050円
②標準語音聴力検査(ことばの聞き取り検査)  1,050円

【耳がつまる場合】

耳がつまる場合は「耳垢栓塞」「耳管狭窄症」「耳管開放症」が疑われます。

「難聴・耳閉感・耳痛・めまい・自分の声が不快に聞こえる・ 周囲の音が不快に響く・拍動性の耳鳴・水の中に入った感じ・息苦しい」 など多彩な症状ある場合、耳管開放症が疑われます。

→耳管開放症について

◎診断の為の主な検査

①標準純音聴力検査    1,050円

②耳管機能検査      1,350円

③ティンパノメトリー   1,020円

耳鳴り

【耳鳴りがする場合】

耳鳴りは、様々な原因で発生します。
聴力検査を経て、難聴の有無と程度の確認といった正確な診断が必要です。

「難聴・耳閉感・耳痛・めまい・自分の声が不快に聞こえる・ 周囲の音が不快に響く・拍動性の耳鳴・水の中に入った感じ・息苦しい」 など多彩な症状ある場合、耳管開放症が疑われます。

→耳管開放症について

◎診断の為の主な検査

①標準純音聴力検査    1,050円

②耳鳴検査        1,200円

→TRTについて

診療のご注意と配慮

ご注意と配慮

特に初診時は、病気に関連して様々なお話をお伺い致します。
発熱や、体調の悪い方などは、受付でお申し出ください。
当院では、こうした方は、順番を調整させていただきます。
他の患者様は、当院の方針にご理解いただけますようお願い申し上げます。

また、感染性の疾患の疑いのある方も、受付でお申し出ください。
(他の患者さんのためにも、別室でお待ちいただきます。)
時には、他人に聞かれたくない場合もあることと思います。
こうした配慮から、当院では、ご希望があればプライバシーを守れる別室での問診もいたします。
ご希望の方は、受付でお申し出ください。
診察室に入られてからでもかまいません。